引用

アルジュナの恐怖

アルジュナが感じた恐怖とは、まさに、塩を固めて作った人形が、海に入ろうとするときに感じる恐怖なのです。塩でできた人形は、海に入ると溶けてしまい、海から戻ってくることができません。決して戻ってこられない、これが恐怖なのです。私たちは、旅行に行っても、知らない町や風景を見たのち、必ず帰ってきます。つまり、私たちは、神に対しても旅行者なのです。行って、また帰ってくる。霊的な体験をしたら、再び元の自分に戻ってくるという概念が、人間の思考の欠陥です。心の不浄に起因する困難であり、恐怖です。

And Arjuna’s fright is nothing but the fright of the salt doll in the presence of the mighty ocean which it is trying to enter. It may melt, it will not come back. The impossibility to come back, again, is a fear. We want to travel, not that we may not return, but that we may see a thing and then come back. So, we are tourists even to God. This concept of going and coming, having an experience and then being what we were once again, is the malady of human thought. Impurity of the mind is the cause behind these difficulties and fears.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Self-Realisation, Its Meaning and Method」より

引用

真の自己愛

すべての愛は、自己愛に根ざしています。人が人を愛するのも、自己愛によるものなのです。すべての愛の最終目的は、真の自己の喜びに、とどまることなのです。

Moreover, the love of the Self is the basis of all other loves. One loves another, because one loves the Self the most. The ultimate purpose of all loves is to rest in the satisfaction of one’s own Self.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「The Realisation of the Absolute」より

引用

ヨーガに最も重要なこと

心からヨーガを愛していなくてはならない。これが偉大な賢者パタンジャリの教えの中で最も重要なものです。ヨーガを教えるために、あるいは有名になりたくて、ヨーガを実践するのではなく、自己完成を切望するがゆえに実践するのです。

And then, the most important of all pieces of advice which come to us from the great adept Patanjali is that we should have a true love for Yoga. One practises Yoga, not because one wants to become a teacher or gain fame, but because one wishes to achieve perfection.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Yoga as a Universal Science」より

引用

普遍なるもの

普遍なるものを知ろうと努力している者も、普遍なるものに包含されている。つまり、あまねくゆきわたる存在を知るためには、「それ」を知ろうとしている者が「それ」にならなければならない。実在を知るとは、実在になることである。思考と実在が一つとなり、絶対存在となるのだ。

That which is everywhere includes even the person who tries to know It. So, That which is everywhere cannot be known unless the knower also becomes That. Knowing Brahman is being Brahman. Knowing Reality is being Reality. Thought and Reality coalesce and become Absolute Being.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「An Analysis of the Brahma Sutra 」より

引用

奉仕の本質

他人をいつくしみ、思いやる心が奉仕の本質です。いつくしみの情を持つことこそ、最大の慈善活動なのです。お金を寄付したからといって、それが真の慈善だとは限りません。寄付をするのは、対象となる人たちに価値があると考えてのことですが、すべてのものに偉大な精神性が在ることを見いだすことが、奉仕に基づく生き方の本質です。

A charitable disposition towards others is the essence of service. Charity of feeling is the greatest of charities. Giving donations of some dollars is not necessarily charity. That is only an outward expression of one’s internal recognition of the value of people outside. The discovery of great spiritual value in all things in the world is the essence of the serviceful outlook of life.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Yoga as a Universal Science」より

引用

誰が瞑想しているのか

自己とは、あまねく存在しているものだと知りなさい。なにかが、あまねく存在しているということは、あなた個人が存在する場所はないということです。分かりますか。では、瞑想しているのは誰なのか。普遍なるものが、普遍なるもの自身を瞑想しているのです。

Identify yourself with That which is everywhere. If it is everywhere, you are nowhere. Do you understand me? So who is meditating? That which is everywhere is meditating on itself.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ 「Meditation Technique」より

引用

導師(グル)との関係

導師(グル)と弟子の関係は、肉体的、社会的、あるいは個人的なものでもなく、弟子が解脱に至るまで永遠につづく、霊的な関係である。

The relationship between the Guru and the disciple is not physical, social or personal but spiritual and, so, eternal, till the salvation of the disciple.

– Swami Krishnananda –
スワミ・クリシュナナンダ

引用

自我意識

自分とは肉体であるという考えが自我意識のもとである。そして、この自我意識が、知識は、感覚器官と心、知性によって得られるものであるという先入観によって、すべての価値判断を混乱させているのだ。この自我意識による偏見が輪廻であり、すなわち、すべては時間と空間および外在性によってのみ説明できるとする固執である。

The notion of oneself being identical with the body is the cause of egoism. It is this egoism that entangles all judgments of value in the preconception that knowledge is acquired through the senses and the mind or the intellect. This prejudice of egoism is samsara, the persistent idea that all knowledge is in terms of space, time and externality.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Rare Quotes from a Rare Master」より

引用

カルマ・ヨーガ

まさしく、どのような些細な活動をしている時でも、絶え間なくヨーガの状態を保っていなければならないというのが、聖典バガヴァッド・ギーターの教えです。それがカルマ・ヨーガです。お寺で礼拝や奉仕活動をするのがカルマ・ヨーガではありません。どのような活動に従事している時にも、それがどんなに些細な活動であっても、常に正しい精神的姿勢を保つことが、カルマ・ヨーガです。

As a matter of fact, what is the gospel of the Bhagavad Gita but this great teaching that one has to be perpetually in a state of Yoga, even when one is doing the least of actions in life? That is Karma Yoga. Karma Yoga is not worship in temples or doing something some time only during the day. Karma Yoga is maintaining the right mental attitude behind every kind of activity, even the least of them.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Yoga as a Universal Science」より

引用

意志の力で実行する

やるべき事をすぐに行わずに、先延ばしにするのは、時間を失うことに等しい。同じ過ちを繰り返し、その都度、もう同じ間違いは犯さない、と言い続けているだけでは意味がない。何か前向きなことを、意志の力をもって、実行しなければならない。

They say that procrastination is the thief of time, postponing a work which needs to be done immediately. There is no use committing the same mistake again and again and resolving every day to avoid it, but with no success. Something positive has to be done with strength of will.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Rare Quotes from a Rare Master」より