引用

バガヴァッド・ギーターの第一章

バガヴァッド・ギーターの第一章では、アルジュナを代弁者として、真理の探究者が描かれています。マハーバーラタの戦場は人生の活動の場です。私たちがこの世界でやりたいことが戦い、対立であり、それらの状況にどのように対処していくかによって、私たちの英知が判断されるのです。活動の場とは、私たちと関係がある、ありとあらゆるもの、私たちがしなければならないことのすべてです。私たちに要求される義務に優劣はありません。

The seeker on the spiritual path is described in the First Chapter of the Bhagavadgita, Arjuna being made the spokesman of this occasion. The field of battle is the field of life. The things that we want to do in this world are the confrontations before us, and our wisdom will be judged by the manner in which we deal with these situations. A situation means anything and everything with which we are connected, anything that we are supposed to do in the world. In this duty that we are called upon to perform, there is no such thing as a superior or inferior duty.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「The Philosophy of the Bhagavadgita」より