引用

インドの宗教は多神教ではない

一般に、インドの宗教は多神教だと思われているようですが、それはインド文化の哲学的背景を大きく誤解しています。多数の神々が存在しているわけではありません。多数の神々は、単一である至高存在が、主体と客体の関係を保ちながら、より低い次元、より粗雑な次元、異なる現れの密度へと降りてくる、その段階を表しているのです。

Generally, people think that in the religions of India there are many gods, resulting in a sort of polytheism. This is a thorough misconception of the philosophical foundation of India. There are not many gods. The many gods are the manifold levels through which the one Supreme Being manifests Itself by different densities of descent, becoming grosser and grosser, coming further and further down, for the purpose of maintaining the relationship between the subject and the object.

– Swami Krishnananda –

スワミ・クリシュナナンダ著 「Yoga as a Universal Science」より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中